ホリスティックなペット・ケア

 ハワイ、カウアイ島在住のホリスティック獣医師、ドクター・バスコはアメリカはもとより日本の業界では著名な獣医師さんです。もともとは病院の医師として仕事をしていましたが、のちに獣医師となり鍼灸や東洋医学を学ぶことで、ホリスティックなケアを彼の診察には取り入れています。

 市販のペットフードだけで育てた犬と、手作りのごはんで育てた犬においては5年近くの寿命に差があるとも言われており、化学物質を含まない食事を与えることで、疾患や皮膚炎などあらゆる症状にも対処できるのです。

 そんな東洋医学と彼の経験に基づいた「愛犬の食事療法」という、バスコ先生の犬のためのレシピ本の翻訳書が発売されています。健康的な食事を作ることで、飼い主も一緒に健康になれたという話もたくさんあるそうですよ!


ドクター・バスコの著書「愛犬の食事療法」は、日本獣医ホメオパシー学会会長をされている森井啓二先生が監修、翻訳は私が担当しました。症状別にわかりやすく書かれたレシピをぜひお役立てください。


新鮮な材料を使った手作りの餌には抗酸化成分がたっぷり含まれます。

ドクター・バスコのブログより

「東洋医学においては食物は薬なり」という言葉があります。食事を準備するときには作り手の「気」と「愛情」が込められ、ペットたちはそれを感じることができるのです。西洋医学だけでルーティーンのように行う診療や、化学的な薬だけでは十分な治療、癒しとは言えないのではないでしょうか。それは単にビジネスとしか言えないように思えます。居住する土地で撮れた野菜や肉など、新鮮なものを使った食事を、犬の大きさや年齢に合った量を与えてあげ、バラエティに富んだ食事を与えることで、犬はあなたからの充分な愛を受けて、症状を改善し、長生きできるようになるのです。

フェースブックで、ドクター・バスコのコミュニティー・ページが開設されました!愛犬のケアに関するヒントやワークショップ情報など、いろいろな情報が随時掲載される予定です。